プチギフトも愛情プラスで大きなギフト

プチギフトも愛情プラスで大きなギフト

今年初めて小学校の地区部の地区長と言う大役をさせていただくことになり、入学式の前に新一年生を迎える歓迎会を開きました。
今年は男の子二人、女の子三人の新一年生。ういういしい、素直でかわいい子達ばかり。お祝いのプチギフトを選ぶのにも力が入りました。
男の子はブルー系の乗り物があしらわれた包装紙、女の子にはピンクでハートや水玉などのあわい色調がかわいい包装紙です。

これから一年生として、勉強や新しい友達との出合いに希望を胸いっぱいふくらませているであろうこの子達に、一番贈って喜ばれるものってなんだろう?
親御さんにも喜んでもらえるもの・・・。
やっぱり文具かな・・・?
これならいくらあっても消耗品なので、必ず使ってもらえます。
買い足す手間が省けるので親御さんにも喜んでもらえます。

でも普通のものではプレゼントとしては寂しいので、なにかかわいかったり、かっこよかったりするデザインや色のものをと考えるのですが、最近の小学校は華美なものはもちろん、キャラクターものもNGだったりします。
なので鉛筆や消しゴムなどはシンプルで使い勝手のいいものにして、体操服が入れられるような巾着袋やハンカチを、キャラクターではないけどちょっとオシャレなデザインのものにしてみました。
金額が限られている、まさに「プチ」ギフトなので、子どもの好きなお菓子も入れてみました。

入学祝いで悩んだら…

以上のような小額のものをいくつか纏めて包装し、最後は大きなリボンで精一杯のおかざりをしてみました。
あとは在校生のおにいさん、おねえさんとのゲームを楽しんでもらい、安心して頼ってもらえる環境作りをしました。
おにいさん、おねえさんの優しい言葉や行動が一番のプレゼント?だったかもしれません。これは「プチ」ではないですね・・・。
「プチギフト」も愛情が入って素敵な「ギフト」になったのではと思います。

おもちゃなどをプレゼントするのも有りですね!